事故に気をつけるのはドライバーの義務

車を運転している人にとって事故を起こすのはとても怖いことですよね。自動車教習所では実技と学科ともに安全運転を行う意義などについてみっちりと教え込まれましたし、免許の書き換えの時においても数時間の講義とビデオで安全運転を必ず意識して行わなければならないこと、事故を起こしてしまう悲惨さを教え込まれるものです。それでも年間の自動車事故の数は一定数存在し、ニュースなどにおいても危険運転で起こる事故、不注意で起こる事故などの報道があとを絶ちません。

廃車はこちら

実際のところ、自分は事故を起こすつもりが無かったとしても一瞬の気の緩みが事故の発端となってしまうことがほとんどですし、事故に繋がりやすい運転、または自動車の整備不良などを知った上で運転をしている方がいるのも現実です。しかし、自分が事故を起こすつもりがなかった、または自分に過失が無いと思っていたとしても、「大きい方に乗っているのが悪い」という世間一般の通説がまかり通ってしまいます。

JAPADA - エアフィルター

ですから、対人事故の場合や対バイクの場合であればどれほど自分に過失が無いと思っていても事故を起こしてしまった時点で車に乗っている方が悪いと考えられてしまうのです。それゆえに、どのような状態でったとしても事故に気をつけるのはドライバーの義務であるとも言えます。

FR車用ハイブリッドシステム(インテリジェントデュアルクラッチコントロール) | 日産|技術開発の取り組み

自動車運転過失傷害という言葉をニュースや新聞でよく目にするでしょうが、この言葉は自分に過失がなくて起こってしまった事故による傷害を意味しています。しかし、過失が無かっても罰則が定められていますのでドライバーは法律によってもいわゆる「たられば運転」を行い、絶対に事故を起こさないドライビングが求められているのです。