孫と温泉に入るために刺青除去を決心

私は定年も間近に迫った50代半ばの会社員です。つい一年前ですが、娘夫婦に待望の第一子が誕生し、晴れて私も「おじいちゃん」になることができました。会社の同僚から常々「孫の可愛さは、経験しないと分からない」と言われ続けてきたこともあり、自分がおじいちゃんになると、その感動もひとしおです。

刺青除去 仙台

この間、初めて孫と対面したとき、そのあまりの小ささと可愛らしさに、自分でも目じりが下がるのを自覚してしまいました。胸の内から湧いてくる「愛おしい」感覚は、娘が生まれて初めて抱っこした時以来でしょうか。本当にこの子を可愛がろうと思ったものです。

hpgrpギャラリーにて刺青彫刻アーティスト、窪田美樹展が開催中 | ファッショントレンドニュース|FASHION HEADLINE

さて、このように私にとって初孫が生まれてから、もうすぐ一年が経過し、これを記念して温泉に行こうという話が持ち上がっているのですが、これに関して、実は私に一つ問題があるのです。
それは、私の左肩には、若いころに勢いで入れてしまった「刺青」があるということです。サイズとしてはとても小さなものなのですが、それでも近くで見ると、はっきりと彫り物と分かり、おそらく温泉からは出入りを止められてしまうでしょう。

形成外科・美容外科 | 診療部門のご案内 | 杏林大学医学部付属病院 -KYORIN UNIVERSITY HOSPITAL-

これを回避するには、私の彫り物を除去するしかありません。私は、可愛い孫と温泉に入るために刺青除去を決め、旅行の日程に間に合わせるため、急遽処置を受けることにしたのです。