ムキムキマッチョのプロテイン

「ムキムキマッチョになりたい!」という願望をもっている人は、普通に生活していてもそうはなれません。また、プロテインを飲むならばどれでもいいわけではないのです。ムキムキマッチョを目指すのであれば、体重の増加を視野に入れて、適切なプロテインを選ばなくてはなりません。

「太る」のではなく、筋肉をつけつつ、体重を増加させるためにはどのようなプロテインを選べばよいのでしょうか。まず、体重増加のためには、炭水化物が必要です。食品でいうなら、ご飯や麺類、そしてパンなども炭水化物が多く含まれています。主食ではありませんが、甘いジャムやジュースなど糖分が多い食品も炭水化物になります。

プロテインの???な飲み方

これらからわかるように、炭水化物は非常に高カロリーの食べ物が多いという共通点があります。しかし、体重を増やそうと甘いお菓子を食べるのは好ましくありません。糖分は摂りすぎると肥満のもとになりますし、脂肪分も多く含まれていますので高脂血症などの疾病にもつながります。

身体に負荷をかけず、迅速に「ムキムキマッチョ」体型になりたいのならば、やはり毎日の筋肉トレーニングの際、ウエイトコントロールのできるプロテインを飲むことをおすすめします。プロテインを購入する際、タンパク質の含有量だけでなく、エネルギーと記載されている部分をチェックしてください。最近のプロテインには明確に『ウエイトコントロール』と表示されているものも多いので、それらを選ぶとよいでしょう。

植物の生体防御蛋白質

例えば、チャンピオンの『ヘビーウエイトゲイナー900』はその名のとおり、牛乳で溶かして飲めば、一食分で900キロカロリーを摂取することができます。脂肪分と糖質については含有量をセーブしてありますので、食品で摂るよりも遥かに効率よくカロリーを摂取できます。kentaiの『ウエイトゲインアドバンス』も人気商品です。タンパク質がホエイプロテインとガゼインプロテインの混合型ですので、運動の前後に飲むとよいでしょう。

プロテイン

ただし、「ムキムキマッチョ」になるためには、ウエイトコントロールのできるプロテインを飲めばよいという安易な考えではいけません。あくまでもボリュームのある筋肉は、厳しい運動により、筋肉の破壊と修復を繰り返した上で、少しずつ成長してゆくものです。その点を念頭において、プロテインを飲用することを忘れるべからずです。