一日中太陽を浴びていたら大変な事になった

うちの息子は12歳で、今年小学校6年生ですが、この子が本当に「おバカ」で困っています。毎日の宿題を忘れるなんて日常茶飯事で、学校の明日の用意もロクに自分で完成させることができません。必ず何かしら、用意に「抜け」があるのです。例えば、書道のある日は、必要な「半紙」を忘れたり、「墨汁」が家に置きっぱなしになったりします。

太陽光発電 宮城はココ

同じ小学6年の男の子を持つ友だちからは、「男の子ってそんなものよ」と、あきらめたようなコメントが聞かれ、お互いの息子についての苦労を慰め合っている日々です。

充電インフラ情報 - 神奈川県ホームページ

そういえば、今年の夏はこんなことがありました。海に家族で出かけて遊んだのですが、この息子がまたとんでもないことをしでかしたのです。面白がって波打ち際に一日中寝っ転がっていたようなのですが、太陽を日焼け止めクリームなしで浴び続けたため、まるで火傷のように全身が真っ赤になってしまったのです。それも、太陽に向けていた「背中側だけ」。こんなことをしてしまったので、結局その日は背中がヒリヒリして眠ることができず、彼はのたうち回って「お母さん、寝れない~!」と苦しんでいました。

太陽光・オール電化特集|賃貸・賃貸情報はお部屋探しMAST(マスト)|賃貸アパート、賃貸マンションの物件情報サイト

私は情けないやら、その程度で済んで良かったと思うしかないやらで、とっても印象深い夏を過ごしたのです。