調剤薬局で働く事に憧れる気持ちについて

地域を支えるお仕事は色々とありますが、住民の健康を守る医療の一翼を担う「調剤薬局」も、その一つです。

医薬品品質フォーラム

もともと調剤については、病院内にあった院内薬局がお医者様の処方箋に従って調剤をしていましたが、医療技術の発達によって平均寿命が伸びたこともあり、近年になって患者数が激増。これによって増えてしまった病院の負担を少しでも軽減するために、院外に調剤を行う施設を作ることを目的として、調剤薬局は全国各地に作られていきました。

アステラス製薬|医療・医薬品関連データ集

2013年には、全国の施設件数は5万件をはるかに越え、都市部のみならず、地方でも住民の健康を支えるために必須のものとなった調剤薬局ですが、そのために、ここで働くことを目的として薬学を学ぶ人が増えてきました。ちなみにこの学問を薬科大学で学ぶ場合、6年という長い期間が必要ですが、修めた後の就職が好調という世間的な状況もあり、今後も志望者は増える見込みです。



このように、薬剤師を志す人は今後も増加する傾向にある模様ですが、その気持ちの根本にあるのは、調剤薬局で働く事に憧れる気持ちです。どの志望者も「地域の人の健康を守り、笑顔で過ごしてもらいたい」という願いを持ち、毎日の勉強を頑張っているのです。